治療が大きく

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。
ハッピーメール愛知県名古屋市出会い系サイトに入る