設定している

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、たくさんあるFX業者の中でどの業者を利用するかによって金額は違ってくるわけです。

必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし5千円~5万円の所もあって割と色々です。

そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり10000通貨になっているところもありますが、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶとリスクを小さくできるかもしれません。

年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、必ず確定申告をしておきましょう。

確定申告の時、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として得た利益分から引いておけます。

そしてもし、思った程利益を上げることができなかった場合であっても、とりあえず確定申告は済ませておくと、出てしまった損失分を翌3年にわたり繰り越すことが可能となっているので、この先FXで利益を出していく予定なら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。

一般的な大部分のFX業者は、初心者向けあるいは自社のツール紹介も兼ねてFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、これは必ず使用してみることです。

バーチャルトレードですからどう転んでも損が出ることはなく、なによりチャートをはじめとする業者ごとのツールの使い勝手を知ることができます。

深謀遠慮しないうちに大事な手持ち金を使ってFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、取引のあらましを理解できるようになるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。