相談

債務整理を行うと、結婚をする場合に影響があるのではないかと考えている人がいますが、債務整理なしに、大きな借金があるほうが問題です。債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てたい際に、債務整理後、7年間は住宅ローンが組めない事でしょう。

7年以上間をとればローンが組めます。任意整理が終わってから、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などで借入を申し込んだとしても。審査の段階でノーと言われます。

 

一度でも信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が削除されるまでには5~10年の歳月が必要ですので、それより後になれば借金をする事が可能です。

 

私は色々な消費者金融から借り入れをしていたのですが、返せなくなって、債務整理をしました。

 

債務整理にも様々な方法があり、私に行ったのは自己破産という方法だったのです。

 

自己破産してしまうと借金を清算することができるので、肩の荷がおりました。

 

借金の額がおおきくなってしまって任意整理をする場合、また新たに借り入れをしたくなったり、カードを作りたいと思っても、信用機関には、情報が残るため、審査にクリアすることが出来ず、数年間はそういったことをできないということになるのです。

 

借金癖のある方には、かなり辛い生活となるでしょう。

 

私は借金をしたことで差し押さえされる可能性があったので財務整理を決めました。

 

債務整理をした場合は借金がとても少なくなりますし、差し押さえを避けることになるからです。

 

家の近くにある弁護士事務所のほうで相談してみました。親身になって相談にのってくれました。

<a   href=”http://www.dogsledridesvermont.com/”   target=”_blank”>闇金 相談 東京都港区</a>